時に小さなことから、大きな問題に発展する場合があります。

 

両者が常識人だったら話し合いで妥協点を見出して解決しますが非常識な場合はそうはいき

 

ません。

 

常識的な話はまったく通じず、自己満足の為に迷惑を掛けつづけていくからです

 

いやがらせという自覚がないのです。

 

いやがらせの種類として、損壊、侵入などです。

  

損壊は、おもに自動車や自転車などへのいたずら行為です。

 

侵入は、庭や家屋の一部に無断で侵入し、直接対抗する手段がすくないので、やられっぱな

 

しになることが多く、被害者にとって、大きなストレスとなります。

 

警察に被害を訴えても、民事不介入の原則で、ほとんどの場軽い注意などにとどまりま

 

 

対応策は、まず、その実態調査をいたします。

 

更にご希望であれば、犯人を特定ししかるべく手段をとります。

 

もちろん、ご依頼人様の実体を明かすことなく、すべて秘密裏に実行いたしますのでご安心

 

ください。

 

そのためのノウハウを保持しているのが弊社です。

 

しかるべく手段の例

 

 ・対象者(加害者)の判別・特定

 

 ・当局への訴え

 

 ・懲らしめ工作

 

など。



ご費用については、ご依頼内容により異なります。様々な方法や条件がございますので、弊社は必ずお見積もり(無料)をご提出させて頂いております。

また、弊社からお客様に勧誘(営業)のご連絡は一切行っておりませんのでご安心ください。

 

 


Copyright (c)2014 Freed-service  All Rights Reserved.